産後ダイエットに成功した芸能人のダイエットをご紹介

2007年10月04日

産後ダイエット食品

産後すぐに
ダイエットを始めたいと考える方がいらっしゃるのではないでしょうか?
産後ダイエット食品は普通のダイエットとは違います。


授乳中は
ほとんどの栄養素が普段よりも多く必要になっています。良い母乳をあげるためには、食事の量を減らしてまでのダイエットは大変危険です。
授乳は、かなりのカロリーを消費します。その量は、1日およそ600から800kcalといわれています。
これはプールで平泳ぎを1時間続けるのと同じくらいの消費量になるそうです。
授乳期に無理なダイエットをすることで、お母さんの体に悪い影響があるばかりか、赤ちゃんの成長にまで悪影響を与えることになってしまいます。


産後ダイエット食品としては
バランスの摂れた食事をすることが大切です。

産後ダイエット食品・・バランスの取れた食事とは?

主食 1品(主に炭水化物によるエネルギー供給源)
役割 食事の中心
材料 ごはん、パン、麺類

副菜 1,2品(主食、主菜で補給にしにくいビタミン、ミネラル、食物繊維 )
役割 主菜に不足するものを補いバランスを整える。
材料 野菜、海藻、きのこ類

主菜 1品程度(主に良質タンパク質や脂質 )
役割 メインのおかず
材料 肉、魚、卵、大豆製品



平成12年3月
文部省、厚生省および農林水産省が連携して、10項目からなる「食生活指針」を策定しました。その中に、
「食事のバランスを取りましょう」というメッセージがあります。そこで、食事のバランスがとれているかどうかを見分けるポイントとして「主食、主菜、副菜」の考え方があります。


産後ダイエット食品
として、主食を1品、主菜を1品、副菜を1〜2品とる、バランスのとれた食事がダイエットにつながります。



posted by sango-daietto at 13:39 | TrackBack(0) | 産後ダイエット食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。